漫画から学ぶ人それぞれの京都風俗の楽しみ方

サイトマップ

ピンクの下着

風俗通いのエロ仙人に俺はなる

女性

何だか今年一番の強烈な寒波がやって来ているようで、むちゃくちゃ寒いんですが暖房の準備はもう出来ていますか?寒い冬に暖房は欠かせないですけど、本当は好きな女の子の温もりに敵う暖房なんでこの世にはないんですよね。でも彼女なんていないからそれを補うために風俗に行って、仮初めの温もりの恩恵を預かっている非常に寂しい僕です。
でも素人だろうが風俗嬢だろうが同じ女ですから、温もりに関しては変わりないので気にしないことにしましょうよ。例え偽りの恋だったとしてもあの柔肌に触れてその鼓動と温かみを感じることが出来るんですから、文句なんて言ったらバチが当たってしまうって話ですよ。
まぁ風俗にそんな温もりを求めて行っている時点で悲しいやつだと思われるでしょうが、もうそんな細かいことには拘らないような仙人のような境地に辿り着いてしまっているんですよ。いや、仙人だったら性欲なんて断ち切っているだろって言われるかもしれませんが、うるせー俺の中の仙人は性欲に関しては俗世間にまみれたエロジジイって事になっているんだよ。
もう人生の目的はエロ仙人になることに決めてしまったので、誰もこのワシを止めることは出来ないのじゃ。アンスタッパボーって奴じゃよ。

Topics